« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月25日 (日)

インド紀行~ベナレス~

indo2 インド旅行のメインともいえるガンジス河へ日の出を見に行ってきました

↑ちょっと暗いのですが、沐浴風景

皆さんご存知のとおり、ガンジス河は沐浴をし、洗濯もし、遺灰も流す聖なる河

聖と欲が混在する場所

私たち観光客はボートに乗って、その沐浴風景を眺めるのです

indo3 ↑こちらは洗濯風景

石に洗濯物をたたきつけて汚れを落とす(?)そう

力仕事なので洗濯は男の仕事なんだって

さらにちょっと泳いでいるような人たちも発見!

ボートに乗り、マニカルニカガート(火葬場)へ向かう途中、白い物体が浮いていました

現地ガイドによるとどうやら子供の死体みたい

死体を流すって本当なんだ

幼い子供が亡くなると人生をまっとう出来なかったということで火葬せず

そのまま重りをつけてガンジス河に流すのだそう

日本ではとてもじゃないけど考えられないお話

でも『輪廻転生』の世界では肉体はただの抜け殻

死体らしきものを目の前に怖いとかそんな気持ちにならなかったのも

聖なる河のおかげなのだろうか

マニカルニカガート(火葬場)でもまさに火葬の直前

女性の死体が赤や金の鮮やかな布で巻かれている

火葬が終われば、親族によってこの方のご遺灰もこのガンジス河へ流される

そんな光景を横目にベナレスの街中を歩き始めた

一言で言えば、とにかく臭くて汚い!!

牛や馬の糞の臭いとひょっとしたら人間のおしっ○やうん○も混じってんじゃないの?

っていうような臭いで・・・さすがの私も耐えられない場所があった

人間がどうにかすれ違えるくらいの細い路地を牛が堂々と歩いては糞をする

ライ病患者の物乞いが指先が無くなった手を差し伸べてくる

早く大通りに出たい!!もうダメ・・・

indo5 ←やっと大通りです(一応、これでも)

物乞いも本当に多い

これをどう思うかは人それぞれだけど

裸足で指先は真っ黒

ボロ布をまとって

観光客に物乞いする子供たちを

見てると”今日を生きてる”って感じた

|

2005年12月24日 (土)

インド紀行~ベナレス~

デリーから飛行機にてヒンドゥー教の聖地・ベナレスへ

今朝からデリーは濃霧がひどく、飛行機の運行状況が心配

案の定、運行はしているものの離陸待ちの飛行機で滑走路は一杯

私たちの乗り込んだ14:00発の飛行機も離陸出来ずに約2時間缶詰状態

おまけに経由する飛行機だったために最終目的地ベナレスへの到着は

夜になってしまい、ベナレスの空港は夜間離着陸が出来ないために

ベナレスまでは飛べないと言い出す始末

怒ったインド人達がコックピットに駆け寄り、パイロットに交渉

(日本じゃアリエナイよね・・・ま、ここはインド)

ようやく飛び立てることに

ベナレスにも無事到着出来ました!

な~んだ、やれば出来るじゃーん

パイロットが仕事したくなかっただけか?!

それにしても着陸もヒドイもので、ものすごい衝撃に思わずコックピットの扉も

開いてしまったのよ(ってそんな簡単に開くものなのかな?)

まぁ、ここはインド・・・

インドに居るとつい日本と比べがちだけど

それってものすごくナンセンスなのだと気づいた

日本はコンビニがあって便利だとか、日本のトイレはどこも清潔だとか

そんなことなら日本にいれば居ればいいのだから

『郷に入れば郷に従え』なのよね

|

2005年12月23日 (金)

インド紀行~デリー~

12/22~一週間、インドへ行ってきました!

直前まで沢木耕太郎の『深夜特急』で予習をして準備万端!!(意味ねーっつうの)

成田からデリーまではおよそ10時間弱

機内にも居ます、居ます!

ターバンを巻いてヒゲを生やしたインド人(いわゆるシーク教徒)

機内食だって、彼らは当然ベジタリアンな訳で特別食を食べてました

そんな光景に、すでに気分は”INDIA”

デリーの空港につくと、カレーの臭いというよりもホコリっぽい臭い

入国ロビーを出ると、インド人!インド人!!インド人だらけ!!!(当たり前だ)

ぎょっろっと大きな目でじーーーっと見てる

ちょっと怖い・・・目を合わせないようにひたすら前方だけを見て突き進む

その人並みを掻き分けてホテルまでのバスに乗り込むのだけれど

なんだか知らないインド人がどんどん寄ってきて

つたない日本語で一緒にカートを押してくれたり

とても親切&フレンドリー♪

第一印象とは違うじゃなーい

なーんて思っていたのもつかの間、後でお金を請求してくるっていうじゃない

危ない危ない・・・

バスに乗り、街灯の無い暗い一本道をひたすら走る

街灯がないからわからなかったけど、よ~く見ると路肩に人がたくさん歩いてる!

みんな黒いからわからなかったよ

一体、皆どこへ向かっているんだろう・・・?

インドではそんな風に思うことがとても多かった

街らしき場所に出ると、店らしき(何屋かは全くわからない)

建物の前にたくさんの人が

それもどこもかしこも!

indo1

何をしているんだろう???

仕事?おしゃべり?それとも・・・

そしてさらに驚くべきことが!

道になんと牛や馬やヤギ、そして犬の多いこと。。。

かろうじてラクダは仕事をしているけど、牛なんて何してるんだろうね?

道の真ん中に普通に座ってたりするから、本当にびっくりよ

動物と人間が共存してるって、日本的に言えば「LOHAS」って感じ?!

インドって先端いってるわ☆

インド滞在数時間ですでに大きな衝撃を受けた第1日目☆☆☆

|

2005年12月19日 (月)

銀座「花蝶」

本年最後のMS会

築地でお寿司を食べた後は、新橋演舞場ちかくの『花蝶』へ

元は料亭、そちらを宮本亜門さんがプロデュースしたお店だそう

『花蝶』とは新橋一の芸者といわれた幻の芸者さんのお名前

新橋一と言われつつも、そのお姿は限られた人にしか見せることがなかったとのこと

なんだか、それだけで妖艶な香りがしますね

おなかいっぱいの私たちは入口近くのシャンパンバーへおじゃましました

カウンターの端には、銀座のクラブのお姉さんらしき方々が和服でしっとりと

伝統と格式ある新橋花柳界の面影が残っているようでした

軽くシャンパンを飲み干し、さて次はどこへ行こうかなぁ~と

銀座の街へ消えていった私たちなのでした・・・

|

2005年12月15日 (木)

エニアグラム

今年も残すところあと数日ですね~

先週、あるマーケティングセミナーでエニアグラム(個人の特性を9つに分類)

のお話があり、早速自分はどのタイプになるのかやってみました!!

(気になるかたはコチラへ)

自分のコトってわかってるようで、やっぱり一番わからない

特に悪いトコなんて、認めたくないから受け入れられない

ってことないですか?

エニアグラムの結果を見るなり、私は大爆笑!!

だってズバリ当たってるんですもん

というより、自分の心の声(?)が文字となったような感じでね

自分自身と向き合えました

9つのタイプがあるので、どのタイプが一番イイの~?なんて他が見たくなり

一見、穏やかで温和な性格のようなタイプ

あぁ~こういう人好き、こういう人になりたいって思うんだけど

そういうタイプの人は個性がないとか自己主張がないとかっていう問題点が

書かれているんですよ

結局、完璧な人なんていないんだーとちょっとホッとしたりして

自分の強み、弱みを知ることは一歩前進すること

また新たな発見にもつながるかも?!です

(ちなみに私は「楽天家」でした。。。)

|

2005年12月 6日 (火)

新川 「牛幸」

ushikou 会社の若者(?)たちと

「牛を食べよ~う♪」ということで

中央区新川の「牛幸」へ

”しゃぶQ”という鉄板焼きと鍋を合体

させたようなものがある

(詳しくはHP参照っす)

なんだか両方食べたような

とっても得した気分になること間違いなしっ!おすすめ☆

お肉も柔らかくて美味しいしね

しかも・・・この店構えとは裏腹に、店内は”大正浪漫”って感じのインテリア

結構驚きますよぉ~。。。

|

2005年12月 2日 (金)

三越前「天香回味」

g959901pm1_a 会社のみんなと「天香回味 薬膳火鍋専門店」へ

店内へ入ると香辛料のいい香り。。。

写真のとおり、こちらのお鍋は二つにわかれています

右はご覧のとおり、辛い辛い!

どちらのスープも60種類の純天然植物を煮込み、旨み、成分が凝縮されたスープ

この中に数種類のお野菜や肉、魚を煮込んで

最後にクロレラを練りこんだラーメンで締め

血行が良くなり、肩こり、便秘、そして女性は次の日お肌がツルツルになるって!

まさに医食同源!!

私は即効性があったと言っていいのかわからないけど

家に帰るなり、便秘が解消されましたーー

というか・・・解消どころの話じゃなかった・・・宿便まで出たって感じ

(お食事中だったらごめんなさい)

クセになる味で、また食べたいな。。。

|

2005年12月 1日 (木)

本日の一品!

今日のお仕事は横浜の仲町台

駅前にある「シェ・リュイ」からは焼きたてパンのいい香りが。。。

ちょっと早めに着いたので、ぶらぶらと歩いていると

素敵なインテリアショップを見つけました

KEYUCA」 

ダイニングテーブルなどの家具から食器やカーテンに至るまで品揃えも豊富で

Cafeも併設していて、ゆったりと落ち着いた店内

前々からそろそろバススツールと洗面器を買い換えようと思っていたところ

すると・・・私好みのかわいいバスツールを発見!!

trevi_bath

即、購入デス♪

コロンとかわいらしい形だけにとどまらず、このバススツールは優れもの!

足の部分の床への設置面積が少ないため、汚れが着きにくいのです

洗面器も穴が開いているので、フックなどに掛けられるのでとっても便利

思いがけないところで欲しいものが見つかったなぁ~とちょっと感激した一日☆

|

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »