« インド紀行~ベナレス~ | トップページ | ハマッています!! »

2005年12月25日 (日)

インド紀行~ベナレス~

indo2 インド旅行のメインともいえるガンジス河へ日の出を見に行ってきました

↑ちょっと暗いのですが、沐浴風景

皆さんご存知のとおり、ガンジス河は沐浴をし、洗濯もし、遺灰も流す聖なる河

聖と欲が混在する場所

私たち観光客はボートに乗って、その沐浴風景を眺めるのです

indo3 ↑こちらは洗濯風景

石に洗濯物をたたきつけて汚れを落とす(?)そう

力仕事なので洗濯は男の仕事なんだって

さらにちょっと泳いでいるような人たちも発見!

ボートに乗り、マニカルニカガート(火葬場)へ向かう途中、白い物体が浮いていました

現地ガイドによるとどうやら子供の死体みたい

死体を流すって本当なんだ

幼い子供が亡くなると人生をまっとう出来なかったということで火葬せず

そのまま重りをつけてガンジス河に流すのだそう

日本ではとてもじゃないけど考えられないお話

でも『輪廻転生』の世界では肉体はただの抜け殻

死体らしきものを目の前に怖いとかそんな気持ちにならなかったのも

聖なる河のおかげなのだろうか

マニカルニカガート(火葬場)でもまさに火葬の直前

女性の死体が赤や金の鮮やかな布で巻かれている

火葬が終われば、親族によってこの方のご遺灰もこのガンジス河へ流される

そんな光景を横目にベナレスの街中を歩き始めた

一言で言えば、とにかく臭くて汚い!!

牛や馬の糞の臭いとひょっとしたら人間のおしっ○やうん○も混じってんじゃないの?

っていうような臭いで・・・さすがの私も耐えられない場所があった

人間がどうにかすれ違えるくらいの細い路地を牛が堂々と歩いては糞をする

ライ病患者の物乞いが指先が無くなった手を差し伸べてくる

早く大通りに出たい!!もうダメ・・・

indo5 ←やっと大通りです(一応、これでも)

物乞いも本当に多い

これをどう思うかは人それぞれだけど

裸足で指先は真っ黒

ボロ布をまとって

観光客に物乞いする子供たちを

見てると”今日を生きてる”って感じた

|

« インド紀行~ベナレス~ | トップページ | ハマッています!! »